WEB会議サービスを導入してみる

subpage1

WEB会議と言えば色々なソフトやサービスなどがありますが社内だけのWEB会議やセキュリティ面を考えるとWEB会議をしていて情報が外部へ流失しない。



なりすましや乗っ取られることなく会議をWEB上で行いたい。

そんな時は会議ソフトを導入するのではなくIRC等といったサービスを導入してシークレットチャットのような感覚で利用することができます。

少しサーバーを開設したりするため技術が費用となり面倒だという方もいるかもしれませんが、セキュリティの面ではとても安心です。

WEB会議の総合案内サイトです。

パソコンやスマホから入室する際にこちら側がパスワードを設定しておけばパスワードを求めることができます。


なのでパスワードを知っている人しか入室できないというなりすましの対策にも利用が出来ます。例えパスワードが分かっていてもユーザーにも設定があるのでなりすましに入られることはありません。

使ってみると一見文章だけだと思いますが、アプリやコンテンツにも対応していてソフトのようにアプリや音声ファイル等も会議に送信することができ制作途中の物も会議で参加者に見せることができます。

livedoorニュースの特徴をご紹介する情報です。

IRCはソフト化にもされているのでアプリを起動すれば自動的に自分の参加している会議へと接続することができます。
利用は完全無料で一切お金をかけることは無いので有料ソフトを導入したくない人にとっては便利です。

しかし、ビデオチャット等を行いたい場合になるとIRC以外のサービスを利用したほうが良いです。

サポート情報

subpage2

無料で使うことができるWEB会議ソフトがあります。これで会議がいくらかできるようになれば、経費の削減に繋げることが可能です。...

next

大事なWEB会議の事

subpage3

かつてはWEB会議というと専門的なツールが必要になってしまったり、専用機器を購入しなければならなかったり、さらには高額なソフトウェアを導入しなければならないということで、導入を検討する段階で躊躇されてしまっていた方も少なくはなかったと思います。しかし、ここ数年では低コストで導入できるWEB会議システムが登場するようになってきており、その中には無料で提供されているソフトウェアなども登場するようになってきておりますので、誰でも手軽に利用できるシステムとして定着してきております。...

next

WEB会議をよく学ぶ

subpage4

遠隔にいる相手方を取り入れて会議を実施する事が出来る付加価値、そしてネットにリンクできる周辺環境であればあらゆる所で会議に加わる事が出来るなどのメリットを有するのがWEB会議になります。既存のテレビ会議などと異なって専用の回線を活用する事無く、遠隔地に位置する相手方を結び付けて会議を行える事から、WEB会議を取り入れる会社組織が急増しています。...

next

知りたい会議事情

subpage5

WEB会議サービスを使うと複数人でのミーティングも手軽に行えます。WEB会議サービスとは、ビデオチャットを手軽にできるサービスで、面と向かって相手とコミュニケーションを取るのに適しています。...

next